ざるごのブログ

【IoT】Nature Remo×Alexa×IFTTTで家にリモコンはもう不要です【スマートホーム】

投稿日時: 2023/03/08 17:11

最終更新日時: 2023/03/08 23:06

どうも,京大博士課程のざるご( @zalgo_sogo )です.

みなさんは,リモコンって使いますか?

電気をつけるときにピッ.エアコンをつけるときにピッ. 生活を送る上で,リモコンは欠かせない存在です.

ところが,リモコンって失くしませんか?

「あれ,リモコンどこいったっけ?」となり,結局立ち上がってスイッチをパチパチ. はっきりいってストレスが溜まります.

そこで私ざるご,もうこんな日々はゴメンだ!と思った私ざるご,決意しました.

家の中から,リモコンを撤廃します!

この記事では,スマートホーム化により**「リモコンを捨てる方法」**を解説します.

「Nature Remo」でスマホをリモコン代わりに

リモコンをなくすには,リモコンの代わりになるものが必要です.

そこで購入したのがこちら.

【公式】スマートリモコン Nature Remo mini 2 ネイチャー リモ ミニ 家電コントローラー マルチリモコン スマートホーム スマート家電 エアコン リモコン テレビ 照明 家電 汎用 スマホ 遠隔操作 GPS グーグルホーム Google Home Amazon echo【公式】スマートリモコン Nature Remo mini 2 ネイチャー リモ ミニ 家電コントローラ...

**スマートリモコン「Nature Remo」**です.

スマートリモコンとは,スマホから操作することで リモコンと同じ赤外線を出す事のできる装置です. つまり,スマホがリモコンの代わりになるというわけです.

こいつのすごいのが,リモコンで操作できるあらゆる機器を操作できます. 当然,うちにあるシーリングライトやエアコン,テレビにも使えました.

これならひとまず,リモコンを捨てられます. スマホ一台で済むなら失くす心配は少ないですね.

ちなみに,スマートリモコンには他にも eRemote やラトックといった商品がありますが, 2ch の学習リモコンスレで一番評判が良かったのが Nature Remo だったので, 今回は Nature Remo を購入しました.

Alexa×Nature Remo でスマホさえ要らない

この Nature Remo,便利なことに Google Home や Alexa (Amazon Echo)にも対応しています.

うちにはセールで購入した Amazon Echo Dot がいるので,こいつとの連携にチャレンジしました.

Amazon|アマゾン 【新型】Echo Dot (エコードット) 第5世代 グレーシャーホワイト B09B8P3RK1 [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]Amazon|アマゾン 【新型】Echo Dot (エコードット) 第5世代 グレーシャーホワイト B0...

Alexa アプリから,「Nature Remo」のスキルを追加すると, 「アレクサ,リモで電気をつけて」 で電気が付きます.

これでスマホも要りませんね(ニッコリ

IFTTT×Alexa×Nature Remo で IoT の化身となれ

Alexa スキルでスマホ要らずになったわけですが, いちいち「リモで」をつけなければいけないのが個人的に気に入りませんでした.

「アレクサ,電気をつけて」だけで電気がついてほしい.

でもそんな便利なツールが世の中にあるわけ…あるわけ…

あった!

あらゆるものを自動化できる無料アプリ**「IFTTT(イフト)」**を使います.

IFTTT は,指定したトリガーが検出されたら,指定したアクションを起こすことの出来るツールです.

今回は,「アレクサに「電気つけて」と言ったら,Nature Remo で電気をつける」という作業を, この IFTTT を使って自動化してみました.

IFTTT の使い方については,↓ のサイトが詳しいのでご参考にどうぞ.

https://chasuke.com/smarthome-ifttt/

サイトを参考に,自動化のトリガーを検出する画面まで行きます.

まず,This と書かれたところを選び,検索窓に「Alexa」と入力. Amazon Alexa を選択します.

Say a specific phrase (特定のフレーズを言ったら)を選択します.

入力欄に,トリガーにしたい言葉(今回は「電気つけて」)を入力し,Continue を押します.

次に,That と書かれたところを選び,検索窓に「nature remo」と入力. Nature Remo を選択します.

今回は電気を操作したいので,Control light(明かりを操作)を選択します.

Please select の中から,寝室の照明(ここは人によって違う) - ON を選択します.

これで IFTTT にトリガーを設定できました!

最後に Alexa アプリで定形アクションを設定し, 「アレクサ,電気つけて」で IFTTT を呼び出せるようにします.

これで「リモで」という必要がなくなりました!

まとめ

これらを組み合わせることで,リモコンを失くす悩みから永遠に解き放たれます.

皆さんも是非,スマートホーム化にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?