音楽・ゲーム系YouTuberが自作デスクトップPCをWindows 11にアップグレードした感想【Adobe Premiere Pro, Cubase 8.5, Office 2013は動くのか?】

雑記

Windows 11が正式リリースされたのでアップグレードしました。いわゆる人柱。随時更新していきます。

あくまで個人の経験に基づく感想なので、アップグレードは自己責任で!

筆者のPCスペック

まず、参考までに大体の構成を。

  • OS: Windows 7 Pro → Windows 10 Pro → Windows 11 Pro←今ココ

構成は途中で色々変わってますが、無償アップグレードを繰り返して現在まで至ります。

  • CPU: Intel Core i7 10700
  • マザーボード: Gigabyte H470M DS3H
  • メモリ: Crucial製 DDR4 32GB (16GB×2)
  • グラフィックボード: MSI GeForce RTX 2060 AERO ITX 6G
  • SSD SanDisk製 1TB SATA

OSはこのディスクにインストールされてます。データ保存用に、Western Digital製のHDDを2TBのものと6TBのものを2つ積んでます。

  • オーディオインターフェース: RME Babyface Pro

マイクを良い音質で録るためのやつです。PC構成に入れるかは微妙ですが、これも相性とかに関係してきそうなので一応。

第一印象

  • さほど操作感は変わらず。ただ、ところどころUIがかっこいいし、Windowsの設定画面の画面遷移がすげーサクサク
  • ウィジェットという新機能とか、Androidアプリが動くやつとか、まだ全然使いこなせてないけど慣れたら便利そう

動画制作とかに使うソフトの動作確認

Adobe Premiere Pro, Photoshop, Illustrator

動画投稿者の生命線、Adobeのソフトたち。

起動はできた。手元にあるプロジェクトとか開いてみたけど、問題なく動く。

エンコードとかはまだ試してないが、今のところ問題なさそう。

まあ、さすがにこいつらがWindowsの安定最新版で動かなかったらめちゃめちゃAdobe社の評判落ちると思うんで、不具合とか見つかったとしてもすぐ対処されると信じてる。

Cubase 8.5 Pro

↑リンク先はCubase 11

歌ってみたのMIXに使っているソフト。

最新の11じゃないから不安だったけど、特に何もせずとも起動できた。

この間上げたばっかの↓の動画のプロジェクトファイルを開いてみたけど、プラグインとか刺さった状態で問題なく再生できる。

ちなみにプラグインは主にWaves GoldとかInvisible Limiterとかを刺してた。他のプラグインの対応状況とかはまだ不明。

Word 2013, Excel 2013, PowerPoint 2013

↑リンク先はOffice 2021

言わずとしれたMicrosoft Office

Windows 11ではOffice 2013が使えないからOffice 2021を買えとかいう記事を見てビビり散らかしてたけど、普通に動いた。そういう煽りはやめてほしい。

正確には、「Office 2013 は Windows 11 ではサポートされない」というのがMicrosoftの公式見解らしい。サポートされないのと使えないのはぜんぜん違うだろ・・・とりあえずこのPCではOfficeなんてそんな使わないので、動くなら別にいいやというスタンスです。

感想

すごい使いやすそうだし、ぼくが使う範囲では大きな不具合とかも今のところないので、満足してます。

今までとほぼ同じ操作感で使えるし、新機能も、多分使いこなしたらいい感じなんだろうなと思うから、これから使っていくのが楽しみです。

無償アップグレードだからって、文句言う声ばっか目立つけど、そこまで言うほどなのでしょうか?

もちろん、仕事に使う端末とかをアップグレードするのはちょっとでも不具合が起こったらやばいので慎重になるべきですが、あんまりネガキャンしまくるのもどうなのだろうと思っていたりします。

またなんか気づいたことあったら追記していきます。Twitter(@zalgo3)でも適宜操作感とかつぶやいていきますんで、よろしくどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました