イタリア本場の味!生クリーム不使用の全卵カルボナーラが絶品すぎる【料理レシピ】

料理

はじめまして。ざるご(@zalgo_sing)です。

自己紹介は記事の最後にするとして、早速料理の話に移ります。

カルボナーラといえば、生クリームや牛乳を使ったクリームパスタのイメージが強いと思います。

しかし、この食べ方は日本独自のもので、本場イタリアでは、卵とチーズだけで仕上げるものが一般的です。

ぼく個人も、重すぎず、チーズの味がしっかり味わえる、このイタリア本場流の味を好んでよく作っています。

分量

パスタ 200g

パルミジャーノ・レッジャーノ 10g

卵 2個

玉ねぎ 1/2玉

にんにく 1かけ

ベーコン 40g

バター 10g

ピュア・オリーブオイル 大さじ1

エキストラヴァージン・オリーブオイル 適量

塩・胡椒 適量

作り方

玉ねぎとベーコンを7mm幅くらいに切ります。にんにくは潰さずスライス。

卵とパルミジャーノ・レッジャーノを混ぜ合わせて、塩・胡椒をしておきます。

チーズは普通の粉チーズでもいいのですが、固形のパルミジャーノ・レッジャーノを削ってやると味は抜群に変わります。

お値段は少し高いですが、一度買うと結構使えるので、ぼくは一個は持っておくようにしています。

それでは具材を炒めていきましょう。
フライパンにピュア・オリーブオイルとバターを入れて熱します。
ピュア・オリーブオイル、普通にオリーブを絞ったオイル。それに対し、エキストラヴァージン・オリーブオイルは、香りや成分が一定の基準を満たしたもののみが名乗れる、特別なオイルです。
全部エキストラヴァージンを使ってもよいのですが、加熱すると香りが飛んでしまうので、材料を炒めるのにはピュアを使うことにしています。
弱火でベーコンを炒めて、色がついてきたら玉ねぎとにんにくを投入します。しんなりしてきたら火を止めましょう。

f:id:zalgo:20180528155330j:plain

具材を炒めるのと同時並行で、パスタを茹でておきます。

f:id:zalgo:20180528160105j:plain

パスタはディチェコのリングイーネを使用しました。

アルデンテという言葉があるように、パスタはコシがとても大事です。

イタリアの人気ブランド、ディチェコは、低温で時間をかけて乾燥させているので、茹でるとパスタの外側から少しずつ柔らかくなり、程よいコシを出すことができます。

個人的にすごく好きなメーカーです。

f:id:zalgo:20180524182913j:plain

ここからが重要なポイントです。

標準茹で時間の2分ほど前に、パスタを具材の入ったフライパンにあげます。ここで、茹で汁を切らないことが大事です。

再度火をつけ、パスタと具材を、茹で汁を加えながら混ぜ合わせていきます。この作業で、オイルと茹で汁が乳化し、まろやかな味を作ることができます。

適宜パスタの硬さを確認し、アルデンテ(程よい芯が残った硬さ)になったら火を止め、最初に混ぜ合わせた卵とチーズを加えて混ぜ合わせます。

f:id:zalgo:20180528160941j:plain

香り付けにエキストラヴァージン・オリーブオイルを加えて混ぜ合わせ、お皿に盛ってパルミジャーノ・レッジャーノ(分量外)をかければ完成です。

f:id:zalgo:20180529214335j:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました